都電荒川線 東京さくらトラム 路面電車

面影橋

神田川低湿地の北辺を神田川が流れている。
このほとりの砂利場に、若き日の随筆家内田百閧ェ住んでいた。

 

「大雨が降ると、すぐにあたり一面泥海になった。
砂利場に近づくに従い、水は段々深くなって、下宿の玄関に入るには、股の辺りまで水に漬けなければならない」(砂利場大将)

 

現在も低湿地であることに変わりなく、神田川はときおり氾濫する。

 

この低湿地の関口と目白台を結ぶのが、胸突坂である。

 

「御府内備考」にこの坂を下れば上水(神田川)のはたなり。
あまり坂のけわしくて胸をつくばかりなれば名付」とある。

 

胸突坂を下ったところに、水神社や関口の芭蕉庵がある。
水神社は上水の守護神の罔象女(みずはめ)を祀る。

 

芭蕉庵はいうまでもなく、芭蕉の旧居のひとつ。
延宝5年(1677年)芭蕉は小沢卜尺(おざわ ぼくせき)のあっせんで、幕府の神田上水工事の水役についている。

 

この遺跡の失われることをおそれた杉風(さんぷう)門の宗瑞(そうずい)らが「芭蕉庵」を建てたという。

 

五月雨の句碑と芭蕉の文献を蔵している。
現在の庵は戦後に再現したもの。
胸突坂や芭蕉庵へ行くには、早稲田停留所が近い。

 

面影橋は俤橋(おもかげばし)とも書く。
かつては蛍の名所として知られたところである。

 

 

 

南蔵院

 

真言宗の寺で、山号を大鏡山という。
か つてこの寺前に「鏡ヶ池」と称する大きな池 があったらしい。

 

鎌倉初期の創建というが くわしいことはわからない。
本尊の薬師如 来像は藤原秀衡の念持仏と伝えられる。

 

開 山の円乗比丘が霊夢を感じ、平泉から遷し たという。

 

ともあれ、将軍家光がたびたび 訪れたというほどの名刹であった。
伝えに よると将軍は放鷹のとき、四方から自由に 出入できる門を設けたという。

 

それで八ッ 門寺ともよばれた。

 

ところで、南蔵院といえば『怪談乳房榎』 というほど、その怪談噺は有名だ(後文参照)。

 

墓地には粂川・花籠・二子山・片男波などの力士の墓や彰義隊士の首塚がある。

 

なお、 門前には鎌倉古道が通っていた。

 

 

 

 

山吹の里弁財天

 

南蔵院も太田道灌山吹伝説地のひとつで、 門前に「山吹の里」の石柱が立っている。

 

古来、高田あたりには「山吹の里」の伝承地が多い。

 

『江戸名所図会』も「高田の馬場より 北の方の民家の辺をしか唱ふ」と記している。

 

南蔵院のあたりには伝説のヒロイン紅皿の住居があったとされている。

 

また、甘泉園児童公園の入口にも「山吹の 里」の標柱が立っている。
甘泉園は旧清水 家下屋敷で、「山吹の井」というのがあった。

 

甘泉園の名はこの清水にもとづく。
現町名の山吹町も「山吹の里」に擬せられ て明治五年(1872年)に生まれた。

 

西向天神社 の参道は山吹坂の名がある。

 

紅皿が晩年出 家隠栖し、小庵を結んだところとの伝えがある。山吹伝説には根強い人気がある。