都電荒川線 東京さくらトラム 路面電車

宮ノ前・熊野前

条里制・尾久三業地

 

小台停留所から西側の尾久西小学校一帯 には、明治の初めまで条里制の跡が見られた。

 

大化改新のときの遺構というから古い。
- 旧小台通りに面した呉服店の玄関わきに、 「条里南道」と刻まれた石標が立っている。

 

 

そして、宮ノ前。

 

都電通りから宮ノ前商店街に入ると黒板塀に囲まれた小粋な料亭 が目につく。

 

尾久三業地である。

 

いわゆる 「阿部定事件」はここでのできごと。
この尾久に花街ができたのは大正初期という。

 

そ れにしても大きな料亭が多い。

 

熊野前停留所の南の尾久小学校のわきに立つ石碑は、
飛行機の墜落事故で死亡した 「杉野中尉殉難の碑」である。