都電荒川線 東京さくらトラム 路面電車

荒川車庫前

荒川車庫

 

梶原をすぎると荒川区である。沿線は下町そのもので、都電も生活路線の色彩を帯びる。健康な生活のにおいがただよう。

 

ひと昔前の「東京」が、一瞬、現出する。

 

が、この光景は長くつづかない。

 

そして、また−−。

 

断続する「東京」をもとめて荒川線に乗る人は多い。

 

荒川車庫前でおりる都電ファンも、「失わ れし時をもとめて」という人らしい。

 

唯一の 都電車庫であるから当然といえる。

 

都電の主流となっている七○○○形、七五○○形 にまじって、六○○○形のなつかしい車体 も見られる。

 

経営の合理化のためチンチンはツーマンからワンマンに転換せざるを得なかった。

 

このワンマン化によって都 電から車掌がいなくなった。

 

これとともに 終戦直後につくられた六○○○形も隅に追 いやられた。
ワンマン電車に更新するには 費用がかかりすぎたのである。

 

かくて六○ ○○形は路上から姿を消した。

 

それだけに その車体によせる都電ファンの思いは強い。

 

飛鳥山公園には六○○○形が置かれ、昔を しのぶよすがとなっている。

 

現在、ワンマン電車として活躍している七五○○形は改造だけですんだが、七○○ ○形は台車部分を残して車体をそっくり更 新した。

 

七五○○形の改造費は当時の金額 で一億五千余万円、七○○○形は五億九千 四百余万円を要したという。

 

チンチン電車 をなつかしむ人々は、ワンマン電車を味気 ないというが、
それでもないよりはいい。