都電荒川線 東京さくらトラム 路面電車

滝野川一丁目

滝野川

 

紅葉の名所滝野川も幕末は騒然とした。

 

元治元年(1864年)幕府は外国船に備えて反射炉と大砲錐入水車の建造をはじめたが、維新を迎え、中途のまま放置された。

 

 

明治三年(1870年)、この跡地に鹿島万平(横浜の貿易商)が紡績工場を起した。

 

さらに現在は、国税庁醸造試験場が置かれている。

 

 

 

金剛寺

 

真言宗で山号は滝河山という。
弘法大師の開基といわれ、大師作の不動明王、弁財天をまつる。

 

山門を入ると風神雷神の石像 が立っている。

 

文化のころ(1804−18)より 紅葉の名所となり、紅葉寺とよばれた。

 

「石神井川に臨める高崖の上に金剛寺あ り。

 

水を挟みて両岸楓樹多く、早くより紅 葉の名所となれり」
(『東京案内』)。

 

石神井川(音無川) の崖下には洞窟があり、 大師作の松橋弁財天像がまつられていた。

 

現在は金剛寺本堂に安置されている。

 

ともあれ、江戸時代の滝野川あたりは江戸市民のかっこうな行楽地で、飛鳥山の桜に対して滝野川の紅葉といわれた。

 

しかし、いまは住宅街となり、残念ながら、その風情はうすれてしまった。